彼らなくして充実した人生を獲られるのか

同人文字書き女のひとりごと
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | スポンサードリンク |
コミックマーケット
夏コミが終わりますと、秋の気配を本格的に感じますね。

コミックマーケットというものの認知度が高まって、メディアに取り上げられることが増えてきましたが、個人的には「同人者は日陰者」という意識を持っていて、こっそりオタライフを楽しんでいきたいなと思っているアイハラです、みなさんこんにちは。

私のいう同人者というのは二次創作(パロディ)を扱う人たちのことであって一次創作(オリジナル)を扱う人たちのことは含みません。オリジナルを生み出す彼らは立派なクリエイターですもの。

少なくとも著作権を侵害しているものを作り、頒布している二次創作者ですから自分が日陰者であるのは当たり前の認識。

でもまぁ、コミックマーケットがメディアやマスコミを積極的に受け入れ、その内情が怪しいものではないと示すことも大事なことだとは承知済みであります。あとは自己防衛しかないんですかねぇ…サークル個々でマスメディア対応を考える時代になるとは、おそろしい。

そんな二次創作(パロディ)作家な自分ですが、もちろん自分が作り上げた作品にもそれなりの思い入れはございます。しかし、どんなに思い入れあってもこれは二次創作物……。読者の方から「おもしろかった」とのありがたい声を頂いたとしても、それは私に向けられた言葉ではないと思っています。
もちろん、そういった言葉は大変嬉しくありがたいことです。が、二次創作物を読んで「おもしろい」と読者が感じる心、それはその方がその公式作品やキャラクターをそれだけ愛するがゆえの副産物的なもの…卑下しているわけではありませんが、そういうものだと自分は認識しております。

こんな見ようによっては卑屈な自分ですが、読者様から頂いた何より嬉しいのが「こちらの作品を読んで、公式への愛がより深まりました」というお言葉です。
これは本当に二次作家冥利に尽きる。遠からず公式様に貢献ができているのだと思うと…ほんとうに嬉しい。
そして過去頂いたお言葉で、最高に嬉しかったのが「通りすがりでこちらの作品を読んだのですが、それで興味を持って公式作品に手を出してみましたところ、すっかりはまってしまいました。こちらのサークルに出会えなければなかったことです」というお言葉でした。あまりの嬉しさに1週間ぐらい舞い上がっていた思い出があります。遠からずどころか公式へしっかりと貢献できたのですからね!

ですから、私の作品は公式を愛している人たちに向けてのものであり、同じ作品を愛する者になるかもしれない未来の同士となりうる人たちへ向けてのものであります。決して、冷やかしで読まれるためのものではありません。未来の同士になる可能性が皆無の人に向けてのものでもありません。

「二次創作」「同人」というものに対して、いろんな認識があると思いますが、私個人の考えはこのような感じです。

そんな「作品」をお披露目できるビックイベント。現同士、未来の同士たちがこの日の為に集まり、同じ空間と時間を共有できる、コミックマーケット。年々その立ち居地は複雑なものになり、かつ過酷(人口密度増・酷暑・極寒という単純な生命危機感)なイベントとなってしまっていますが、私はやっぱりコミケが好きです。

次回は抽選漏れしないといいなぁ。゚(゚´Д`゚)゚。
| 同人イベント | 00:22 | comments(1) | trackbacks(0) | 藍原 |
落選
ひさびさにコミケに落選しました。

落ちたらおちたでリア充すんぜ!

とか思っていましたけど、なんだかんだと原稿に追われる現状は変わらないのはなぜなんだぜ?

いきなり話し変わって

休みの日に何してる?的な会話って、あるじゃん?すんじゃん?え?しない?

リア充しかいない職場ではそういう話、よく出るんですよ。
で、リア充の休日何やってる論を覗いますと、意外と皆さん休みの日って、あんまり何もしてないもんなんスね。
いや、彼氏彼女が居る人は、キャッキャッうふふガッチュンエロエロ〜みたいな事もしてるんでしょうけど
不景気の昨今、そう遊んでもいられないみたいな、堅実な若者はそんな現実を生きているわけですよ。

んですが、彼氏彼女居るいないに関わらずオタクは
365日アニメゲーム漫画やその他趣味もろもろエトセトラエトセトラ〜!!!
と、追われているもんだと思うんですがっていうか私はそれ+原稿にも追われえているんですが、
休みの日に何もしてないっていうか、上記のように暇しているわけじゃないのに、
そういう会話の時の答えに非常に困る。困るわけなんです。
だってほら、現実では非オタを気取っているわけですからねえ
「休みの日?ん〜…特にコレといって、何もしてないかな〜」とか、こたえるハメになるんですよ。
んで、リア充に「そんなもんですよねー!アハハ」とか返されるっと、マジイラッ!マジイラッ!mjir!
本当はミッチリとしたオタ充スケジュールなのに。アメリカ大統領もビックリな忙しさなのに。
「私、実はイソガシインデスー!エロ同人作ってるんで!!」
とか、言えたらなぁとか思うわけっす。言わないけどさ。




| オタ苦なハナシ | 04:12 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
気づいたら5月病…
気づいたら春も終わり、初夏にも近い季節ですね。だというのに寒いっ!なにこの寒暖の差!風邪引くわっ!!!

と、風邪。風邪といえば、「心の風邪」ともいわれる「欝」ですが。最近そのような状態が続いていて参っております。

仕事柄、身体は始終ボロボロですが、心はわり丈夫な部類なワタクシ…。ですが、やっぱり仕事が休日まで蝕んでくる状態になると、身体も精神も休まらず…そうすると集中力が落ちてそれがそのまま仕事のミスへと繋がり…っという負のスパイラル状態。これが3月から続いていてそろそろ1ヶ月…もう限界です。疲れました。そしていまから数週間、仕事のピークがやってきます。しゃれ抜きで死ぬかもしらん。だいじょうぶかしら。自分がしんぱい。

っと、そんな疲れている状態でもやってくるのが、原稿締め切り(!)
これがまた大変なんですが、原稿に没頭していると日常を忘れられて、これがいい感じの現実逃避となっているみたいです。日常がダメダメでも、夢中になれる何かがあれば人間わりと平気なんですねぇ…。

「頑張れば報われる」が通用しないこの世の中で生きていて、「絶対に得られる達成感」っていうのが身近にあることが私にとってものすごく大事みたい。頑張れば絶対に成果(本)が出る同人ライフがやめられないのはそんなワケなんだと思います。(成果=売り上げ…のタイプではないので、売れなくても出来上がった本を見るだけで幸せなタイプ)

そんなことをつくづく思いました。趣味があって良かった(笑)

しかし、これで趣味もなく、友達もいなく、恋人もいなく…っと思うとゾっとしますね。ストレスの発散する場もなく、現実逃避もできなく、理解してくれる人もいなく…で、日常のストレスに押しつぶされてそれこそ本当の「欝」を発症しちゃいそうだワ…。

趣味もなく、友達もいなく、恋人もいなく…って、まぁ、最後のひとつは最初からないっすけどサ(泣笑)
| オタ苦なハナシ | 02:26 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
いつのまにか冬…
いつの間にやら夏が終わり、秋が過ぎて冬になってました。
ありがたくも冬コミでスペース頂けて、その原稿に追われておりました。それも無事に入稿も済まし、あとは当日を待つばかりです。
よかった、ファミチキ食いながらクリスマス原稿…とかいうハメにならなくて…。

ただでさえ忙しい年末、「師走」とかいって、昔の人はうまいこと言ったなぁ〜っとか思いつつ、冬コミ参加組みはシャレにならん忙しに終われるわけですが、これ、「師走」ならぬ「オタク走」だよな〜っとか思うわけですよ。


そんな冬コミが終わったら正月ですね。
春先に予定しているイベントが待ち構えているので、そろそろ予定を組んでおかないと…。
冬コミだってまだ終わってないのに、もう来年のイベントのこと考えてる自分は鬼に笑われっぱなしだなー。
っとか思うものの、コンスタントにイベントに出てる人ってのはこんなもんだと思うので、同人屋みんなが鬼に笑われっぱなし?
いやしかし、オタクのカレンダーって本当に早いですよね。
| オタ苦なハナシ | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
夏の終わり
いきなりですけど、新型インフルエンザがえらい流行っておりますな!幸い私は感染してないのですが、身近で感染者続出しております。
そんな最中、つい最近、近しい人間が新型インフルを発症し、発症日前日に一緒に居た人間が感染者濃厚接触者として認定されてしまい、数日間検温及びマスク装着の義務を課せられてしまったのです。
私も、そんなうちの1人なわけでしたが、発症の事を知ってすぐに、水やインスタント食品を買い込んだのは言うまでもありません。万が一、自分が発症した時に備えての行動です。インフル発症した日にゃぁ、独女にゃ厳しい隔離闘病生活が待ってるんだからな!
しかし、高熱や咳で苦しむ事より、何より私自身が心配だったのは、数日後に ナ ツ コ ミ が控えていたことでした。万が一、発症した日にゃぁ、参加は無理です。絶望です。
しかし、在庫も搬入済み、新刊も当日朝には自スペースの机下に入っていることでしょう。自分の代わりの代役を立てるか、売り子を探すか、全てをすっぱりと諦めて荷物を送り返してもらうか…などなど対策を立てねば…っとまぁ、これら全てが杞憂に終わったから良かったんですけど。これから本格的なインフルエンザシーズンとなり、冬コミの時期がとても心配ですね。
うがい手洗いの励行を徹底し、何より、美味しいご飯を一杯食べて、十分な睡眠を取る…っという最高の予防を欠かさぬよう頑張りたいと思います。

きょうも12時間寝ちまったよ!原稿〆切がアッー!!
| オタ苦なハナシ | 02:16 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
夏コミおつかれさまでした
C76に参加された皆様おつかれさまでした。
ありがたくもスペースを頂け、新刊2種を頒布して参りました。
私は2日目の東(盛況ジャンルにあらず)にいたのですが、…ええそりゃもうすごかったですよ、2大盛況ジャンルに挟まれたものですから…。しかし、気候に恵まれ、カラッとした空気の中、例年に比べれば大変過ごしやすい夏コミだったように思います。
うちのサークルはリアルな数字を書いちゃうと、新刊Aは100部刷り50部頒布、新刊Bは50部刷りほぼ完売…っと、ドピコマイナージャンルにしてはなかなかの売り上げでした。
既刊もそこそこ捌け、中には全種買いをして下さる方も居て、ほんっとーにありがたかったです。(トータル10種ぐらいあるので…)
そして何が一番嬉しかったといえば、女性向けノーマルカップリング(ぬるい性描写有)の小説サークルなのですが、男性の方に買って頂けたことが何よりも嬉しい出来事でした。
毎イベント、全体のお客様の1〜2人ぐらいの割合で男性の方がいるのですが、性差関係なく楽しんで頂ける内容を書けているのだと勝手に解釈し、ほのかに勇気を貰っております。

女性向けはジャンル補正が強く、どんなに売れ売れの大手でもジャンル移動したらドピコに…っということもままある世界なのですが、いつか「作家買い」されるようなサークルになりたいものだわぁ…っと夢見るだけはタダよね。っと思うのです。

それにしても…夏コミ終了後から冬コミへの申込しが1週間もないって…鬼だわぁ!
| 同人イベント | 18:47 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
「破」を見てきた(ネタバレ)
お久しぶりです。夏コミ受かりました。原稿に追われています。

いきなりですが、「破」を見てきました感想です。
信者までとはいかないけれど、直撃世代ですもの、仕方がないじゃない。

ネタバレ↓
続きを読む >>
| オタ苦なハナシ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
ごめんなさい
最近すんごく嵌っている漫画がありまして。

結構古くから連載されている長編なんですが、最近とくに女性のオタクさんに人気があるらしく、軒並み品薄状態。本屋にあっても全巻揃ってなくて、ぽろぽろと歯抜け状態がデフォルト。

少しずつ少しずつ集めていた私なのですが、とある巻だけどうしても見つからず、それがなぜ品薄なのかといえば、人気キャラが出張っている巻だということで、ふ女子たちに買いあさられてしまっていると…なんたること…!
家の近くの本屋数店舗、通勤途中で立ち寄れる本屋数店舗、探せど探せど見つからず…。まぁ、取り寄せなり、ネット通販なりすれば済む話だったんですけど、「注文して届くまでの間にうっかり本屋で見つけちゃったら自制できず間違いなく買ってしまう!」というのが目に見えていたので踏み切れず、己を棚に置いて「にわかの腐女子どもめ!品揃えの悪い本屋め!」っと、八つ当たりをしてました。

で、数店舗、足で探し歩いた結果。

家にありました。

随分前に買ったのに、読まずに放置していた挙句、本屋さんでやってもらったブッカー(紙のブックカバー)をしっぱなしで本棚にしまいこんでしまったようです。

本屋さん、腐女子のみなさんごめんなさい。八つ当たりしてごめんなさい。全力でごめんなさい。


しかし、これに気付かぬままだったら、あたし…間違いなく、買ってたわ…。あやうく同じ巻が2冊揃うところでした。2冊どころか、3冊になっていた可能性だって…!

という事態が避けられてよかったです。いまから読むよ!ふひひ!
| オタ苦なハナシ | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
原稿中の最大の敵といえば、
・睡眠欲(さすがに2徹が限界です)
・集中力を欠落させるイベント事(たとえばゲームの発売日…とか)
・友達からの遊びの誘い(私の場合、周りがオタばかりで〆切りもほぼ被ってるのであんまないw)
・仕事(忙しいとねー…)
・こいびと(趣味に理解があるならイイガ…)

ほか、いろいろあると思いますが…あとはなんといっても 体 調 不 良 !

仕事と寝ている時間以外を原稿に充ててる生活ずっとしてれば、そりゃ体調もおかしくなります。それこそ睡眠時間を大きく削っていればなおさらに、風邪なんかもひいちゃいますよ。

しかーし!そこで寝込んでしまえば、原稿は落ちてしまう!
そんなんじゃ本末転倒じゃまいか。無理したところで意味がなくなる。

自分の場合は、ですが、原稿期間中はランナーズハイのような状態で、あんまり風邪らしい風邪はひきません。
が、無事脱稿し、イベントも無事終えると気力尽き果てるのか、いきなり体調が悪くなります…。
身体が弱っているところに、不特定多数の人間がいる場所にぽーんっと行くわけですからね…そりゃあ、なにか悪い菌のひとつやふたついますよね…。弱った身体じゃウイルスに勝てませんよね…。

イベント終わったからって、仕事もあるのでそう寝込んではいられないし、やっぱ一番の敵は「風邪」だと思うんですよ。そして冬場はとくにインフルが最大の敵です。あいつは厄介です。一度掛かったら監禁ですし。

そういえば、描き手の中で(一般にも?)まことしやかにささかれている荒療治がありまして、「小児用ジキニンを一気飲み→栄養ドリンク」という組み合わせで風邪が一発で治る!といふもの…。
これ、調べてみたら意外と世間に浸透している話らしく、機会あらば試してみようと思っていたのですが、昨年末からずっと原稿のターン!だった私は、なかなかに絶妙なる体力と気力を保持し続け、ギリギリのところで倒れるまではいかなかったのですが、イベントラッシュが終わったつい最近、無茶していたツケでガックリと体力が落ち込んで、ついでに気力もプツリと途切れてしまい、見事に風邪をひいてしまったわけです(ゲホゲホ)

そこで良い機会とばかりに、上記にある荒療治を試してみたんですが…

こ、これは…! すごい、効き目!!

若干、喉のイガイガっぽさは残るものの、寒気や頭痛など、風邪の初期症状は見事にふっとんだ!
これで一晩寝ると風邪が治っているということらしいけど、飲んですぐにこの効果だものなぁ、噂されていることだけあるなーっという感じです。

いやぁ、あんまりおススメはしないけど、民間療法(?)ってのも一度ぐらい試してみる価値はあるかもねー。
| オタ苦なハナシ | 01:30 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |
おひさしぶりーっす!
やぁやぁ、ものすごい山場が2月中ごろにあったのですが、それも無事に終わり、ただいま抜け殻です。
原稿予定も夏までないので遊び呆けるぜヒャホーイ!的なノリでね、浮かれてたんですが、
これから向こう数ヶ月、仕事が忙しくなる予定なので浮かれてばかりもいれず…
いやぁ、世の中ってうまくいっているもんですねぇ…しょぼーん。

| オタ苦なハナシ | 00:25 | comments(0) | trackbacks(0) | 藍原 |